北海道方言研究会のホームページです。題字:小野米一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道方言研究会第221回例会のご案内(9/10)

季夏の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:9月10日(日)13時00分より

会場:北星学園大学(厚別区大谷地西2-3-1)第2研究棟地下1階第3会議室
(会場が変更になっております)

地下鉄東西線大谷地駅下車。1番出口からサイクリングロードを徒歩10分弱。キャンパス裏門から入り、屋根の付いたカバードウォークを歩いて、右側に最初に見える4階建ての建物が第2研究棟。

北星大学案内図

北星学園大学施設紹介のページ

研究発表(発表30分、質疑20分)

○見野久幸(北海道方言研究会会員)
「今 北海道方言は?(4)—地理的・年齢的勢力分布と動態—」

(朝日祥之(国立国語研究所・北海道方言研究会会員)「北海道方言の分布に見られる経年変化(その2)」は発表者の都合によりキャンセルとなりました。)


*)例会終了後、役員会を開きます。

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)
スポンサーサイト

北海道方言研究会第220回例会のご案内(4/16)

陽春の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、下記の通り研究発表会並びに平成29年度総会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:4月16日(日)13時00分より

会場:札幌市北区民センター(北区北25条西6 011-757-3511) 
*地下鉄南北線「24条」下車。1番出口。

研究発表並びに総会

13:00~ 研究発表

○伊東義征(北海道方言研究会会員)
「初任地、桧山郡上ノ国町石崎地域の方言探し」

研究発表終了後 平成29年度総会

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)

2017年度の「例会」の日程(予定)案内

  • 220回 4月16日(日)午後1時から
  • 221回 9月10日(日)午後1時から
  • 222回 1月28日(日)午後1時から

北海道方言研究会第219回例会のご案内(1/29)

寒気厳しき折から、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:1月29日(日)13時00分より

会場:札幌市北区民センター(北区北25条西6 011-757-3511) 
*地下鉄南北線「24条」下車。1番出口。

北区民センター案内図

研究発表(発表30分、質疑20分)

○朝日祥之(国立国語研究所・北海道方言研究会会員)
北海道北見市常呂町における言語変容(仮題)

○佐々木冠(札幌学院大学・北海道方言研究会会員)
「能格か経験者格か:関東地方の斜格経験者」

○トーマス・ダリン(北海道大学大学院・北海道方言研究会会員)
「北海道共通語の音調」

*)例会終了後、役員会を開きます。

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)

北海道方言研究会第218回例会のご案内(9/11)

季夏の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:9月11日(日)13時00分より

会場:北星学園大学(厚別区大谷地西2-3-1)第2研究棟地下1階第3会議室(会場が変更になっております)
地下鉄東西線大谷地駅下車。1番出口からサイクリングロードを徒歩10分弱。キャンパス裏門から入り、屋根の付いたカバードウォークを歩いて、右側に最初に見える4階建ての建物が第2研究棟。

北星大学案内図

北星学園大学施設紹介のページ

研究発表(発表30分、質疑20分)

○朝日祥之(国立国語研究所・北海道方言研究会会員)・尾崎喜光(ノートルダム清心女子大学・北海道方言研究会会員)
「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その5」

○見野久幸(北海道方言研究会会員)
「今 北海道方言は?(3)―地理的、年齢的勢力分布と動態―」

○葛西ひとみ(北海道方言研究会会員)
「「ゲ」の語源を探しに行く」

*)例会終了後、役員会を開きます。

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。