北海道方言研究会のホームページです。題字:小野米一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道方言研究会第219回例会のご案内(1/29)

寒気厳しき折から、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:1月29日(日)13時00分より

会場:札幌市北区民センター(北区北25条西6 011-757-3511) 
*地下鉄南北線「24条」下車。1番出口。

北区民センター案内図

研究発表(発表30分、質疑20分)

○朝日祥之(国立国語研究所・北海道方言研究会会員)
北海道北見市常呂町における言語変容(仮題)

○佐々木冠(札幌学院大学・北海道方言研究会会員)
「能格か経験者格か:関東地方の斜格経験者」

○トーマス・ダリン(北海道大学大学院・北海道方言研究会会員)
「北海道共通語の音調」

*)例会終了後、役員会を開きます。

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)
スポンサーサイト

北海道方言研究会第218回例会のご案内(9/11)

季夏の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:9月11日(日)13時00分より

会場:北星学園大学(厚別区大谷地西2-3-1)第2研究棟地下1階第3会議室(会場が変更になっております)
地下鉄東西線大谷地駅下車。1番出口からサイクリングロードを徒歩10分弱。キャンパス裏門から入り、屋根の付いたカバードウォークを歩いて、右側に最初に見える4階建ての建物が第2研究棟。

北星大学案内図

北星学園大学施設紹介のページ

研究発表(発表30分、質疑20分)

○朝日祥之(国立国語研究所・北海道方言研究会会員)・尾崎喜光(ノートルダム清心女子大学・北海道方言研究会会員)
「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その5」

○見野久幸(北海道方言研究会会員)
「今 北海道方言は?(3)―地理的、年齢的勢力分布と動態―」

○葛西ひとみ(北海道方言研究会会員)
「「ゲ」の語源を探しに行く」

*)例会終了後、役員会を開きます。

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)

会長挨拶

会長挨拶
 会長 菅 泰雄(すが やすお)

 1974年に発足したこの研究会は、40周年記念大会も無事終え、今年は42年目を迎えました。これまでずっと会長をつとめられ、会を牽引して来られた小野米一氏が、2015年度をもって会を退くことになり、この度、会長職を引き受けることになりました。どうぞよろしく御願い申し上げます。

 北海道の地で、北海道方言はもとより、他の地域の方言、社会方言、また広くことばに関心を持つ人のための開かれた場として、これからもささやかながら会の運営を進めてまいります。

 例会の開催、会報の発行など具体的な会の運営には、会員の皆様のご支援がなくてはかないません。なにとぞこれまで以上のご支援をくださいますよう御願い申し上げます。
(2016/04/10)

北海道方言研究会 役員 2016年4月10日現在

(2016年4月1日~2018年3月31日)

会長
菅  泰雄  北海学園大学
副会長
大鐘 秀峰 北海道札幌北高等学校
朝日 祥之 国立国語研究所
事務局長
佐々木 冠 札幌学院大学
庶務委員
高野 照司 北星学園大学
奥田 統己 札幌学院大学
会計委員
奥田 統己 札幌学院大学
葛西 ひとみ
会計監査委員
武沢 和義
高野 照司

北海道方言研究会第217回例会のご案内(4/10)

 陽春の候、会員の皆様にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。さて、下記の通り平成28年度総会並びに研究発表会を開きますのでご案内申し上げます。


日時:4月10日(日)10時30分より

会場:札幌市北区民センター
(北区北25条西6 011-757-3511)
*地下鉄南北線「北24条」下車。1番出口。

■総会並びに研究発表
《午前10:30》
平成28年度総会

《午後13:00》
橋本邦彦、塩谷亨、島田武、三村竜之(室蘭工業大学)
渡島半島西岸部せたな町と東岸部旧椴法華村の漁業関連語彙の比較調査について

◇お問い合わせは 北海道方言研究会事務局へ(メールにてどうぞ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。